桜蔭塾 第5回講座 

三浦 徹先生 イスラーム世界は何を語るか ~日本との交流~
お申し込みの受付は終了しました。
桜蔭塾 第5回講座 

♦日時

9月11日 14:00 JST
zoom

♦テーマ

イスラーム世界は何を語るか 

~日本との交流~

申し込み期間: 8月1日(日)~9月4日(土)

♦三浦徹先生からのメッセージ

イスラーム世界はアジア・アフリカから欧米までグローバルに拡大し、日々のニュースにも登場します。他方で「複雑でわかりにくい」という声を聞きます。しかしその教義は単純明快で、明治の元勲伊藤博文は「わからないことはなにもない」と語ったといいます。高校・大学で実施したアンケートから、日本のイスラーム認識の謎を探り、江戸から明治・大正・昭和・平成と日本とイスラーム世界の交流をたどることによって、両者に共通する問題を理解していきます。

♦プロフィール

略歴:

東京大学教養学部教養学科卒業(ドイツの社会と文化) 1975年

(株)平凡社編集部勤務 1975-84年 『別冊太陽』『イスラム事典』『オリエンタリズム』などの編集を担当

東京大学大学院人文科学研究科東洋史学専修課程 1984-87年

お茶の水女子大学文教育学部教員(比較歴史学・グローバル文化学環)1990―2017年

お茶の水女子大学理事・副学長(教育担当) 2007-08、2017-2020年

同 国際交流室長、文教育学部長、人文科学系長、附属図書館長などを歴任。

アラブ・イスラーム史を専門とし、都市研究から、中東・イスラーム社会全体の分析と理解を進める。

お茶の水女子大学では、史学科(1996年より人文科学科比較歴史学コース)およびグローバル文化学環(2005年から)において授業および論文指導を担当(グローバル・ヒストリー、アジア史研究法、地域研究方法論、イスラム社会文化論、宗教文化とジェンダーなどの授業科目を担当)。放送大学客員教授として「イスラーム世界の歴史的展開」を担当(2011-16、アーカイブズ版が現在も放映中)。

主な著書

1. 羽田正・三浦徹編『イスラム都市研究:歴史と展望』東京大学出版会,1991年,363p. 同増補・英語版 Islamic Urban Studies: Historical Review and Perspectives, London: Keagan Paul, 1994.

2.三浦徹・東長靖・黒木英充編『イスラーム研究ハンドブック』栄光教育文化研究所,1995年,484p.

3.『イスラームの都市世界』(世界史リブレット16)山川出版社,1997年,90p..

4. 日本イスラム協会監修,佐藤次高・三浦徹他編『新イスラム事典』,平凡社,2002年,657 p.

5. ジェネット・L・アブー=ルゴド(佐藤次高・斯波義信・高山博との共訳)『ヨーロッパ覇権以前:もうひとつの世界システム』岩波書店,2001年,上264+23p.,下200+91p.

6.( 編集委員)『新選世界史B』東京書籍,2002年~現在 .

7. 三浦徹・岸本美緒・関本照夫編『比較史のアジア:所有・契約・市場・公正』(イスラーム地域研究叢書4),東京大学出版会, 2004年,310p.

8.歴史学研究会編『世界史史料2:南アジア・イスラーム世界・アフリカ18 世紀まで』(編集委員小谷汪之・富永智津子・三浦徹),岩波書店, 2009年,390+13p.

9. 編著『イスラーム世界の歴史的展開』(放送大学教材)放送大学教育振興会, 2011年,243p.

10. 小林誠・熊谷圭知・三浦徹編『グローバル文化学:文化を越えた協働』法律文化社, 2011年,206p.

11. 編著『イスラームを学ぶ:史資料と検索法』(イスラームを知る)山川出版社, 2013年,125p.

12. Toru Miura, Dynamism in the Urban Society of Damascus:The Ṣāliḥiyya Quarter from the Twelfth to the Twentieth Centuries, Leiden: Brill, 2016, 347p.

13. 編著『750 年:普遍世界の鼎立』(歴史の転換期3)山川出版社、2020年、228p.

14. I・M・ラピダス(三浦徹・太田啓子訳)『イスラームの都市社会:中世の社会ネットワーク』岩波書店, 2021年5 月,xviii+322p.

お申し込みの受付は終了しました。