第2回 おとなの勉強「数学っておもしろい?」講座
​~(負の数)×(負の数)=(正の数)???~

6月12日、国際交流留学生プラザ4F会議室で、講師の神戸佳子氏(元お茶の水女子大学附属小学校副校長)、松嶋美佐氏(お茶の水女子大学附属中学校非常勤講師)による、おとなの勉強「数学っておもしろい?」講座を開催しました。参加者は12名でした。梅雨時で雨の予報の日曜でしたが、時折青空がのぞく明るい空を見上げながら講座はスタートしました。

 

-15g重いのは 15g軽いのと同じことに納得、「12÷3という式になる問題を考えてきましょう。」という宿題の発表では、先生に指名されるというドキドキ感を久しぶりに体験しました。宿題をしてこなかったらという講師陣の心配もなんのその、期待以上の宿題の発表内容に講師陣は感動しておりました。

 

​(負の数)×(負の数)=(正の数)となること、分数の掛け算は逆数を掛ければよい というおとなになるとあたりまえの計算のルールを、小学校、中学校でどのように学んだのか、懐かしく思い出された方もいたのではないでしょうか。

 ★参加者からの感想★

・無理数って何?とそのような知識のなさからのスタートでしたが、楽しく数学にふれることができました。先生方のお話がおもしろくとてもいい時間を過ごすことができました。ありがとうございました。 

・子どもが小学校4年生と中学校1年生のため今回の講座は子どもが学習しているところと重なり、大変興味深かったです。大人になってから数学の話を聞く時間は大変新鮮でした。 

・自分の中で曖昧になっていた数の考え方や、分数の計算の子供への伝え方がわかって楽しく学べました。何となくわかったつもりにしないように子供には伝えていきたいです。 

・講座の構成がユニークでした。中学校→小学校へ、数学から算数へ逆戻りして、頭の体操をして下さいました。 

次回の講座は、コンパスと三角定規を使って作図に挑戦します。コンパスと定規だけで 「正五角形を作図してみませんか?」 正五角形の中に隠れた図形の不思議を考えます。

IMG20220612105856.jpg
IMG20220612111020.jpg
図2.jpg