第4回 おとなの勉強「数学っておもしろい?」講座
​~点をつないでグラフをかこう!?~

10月15日(土)国際交流留学生プラザで、講師の神戸佳子氏(元お茶の水女子大学附属小学校副校長)、松嶋美佐氏(お茶の水女子大学附属中学校非常勤講師)による、第4回おとなの勉強「数学っておもしろい?」講座を開催しました。附属小学校、附属中学校の保護者を中心に15名の参加者が、数十年ぶりに「関数」に向き合い、点をつないでグラフをかき、奮闘しました。

TEST.png

勉強会では、「ともなって変わる2つの量」としてとらえる小学校の算数から、「関数」という考え方になる中学の数学へと視点を移して2つの数の対応を考えました。また、いろいろな形の入れ物に入れた水の深さを予測してグラフにしたり、慣れない方眼紙を使ってグラフをかいてみました。たくさんの式を一つの図に書き上げた時は、ここちよい達成感を味わうことができました。

 ★参加者からの感想★

・定規を使ってグラフを描くことなんて何十年ぶりでした。新鮮でした。お話を聞きながら、昔に聞いたような数学用語にもふれられて楽しかったです。ありがとうございました。

​・関数のひびきにドキドキしながら参加しましたが、とても楽しかったです。ワークショップのような作業は、算数・数学という事を忘れて楽しめました。きっと子どももこういう学び方をすれば勉強が好きになれますね。次回も楽しみにしてます。

​・すごく楽しく関数を学びなおせました。子供と水の量についてグラフ化など楽しめると思いました。今後も、日常に関わっている関数たちをみつけていきたいと思います。

・60年ぶりの数学でした。もし機会があれば是非また参加させていただきたいと思います。

​・生活の中にも関数がかかわっているとのお話など分かりやすく教えていただきました。久しぶりに脳が働いた感覚があります。とても楽しかったです。

​・すっかり忘れていた関係(生活にひもづいて考えることが全くありませんでした。)をわかりやすく説明していただいてよい頭の運動になりました。次回講座があればぜひまた参加したいと思います。

 

TEST2.png
TEST3.png
IMG_7216.JPG

第5回は1月28日(土)に開催予定です。詳しくはHPに更新します。

お気軽にご参加ください。